親鸞会ブログポータル・ナビ

【真偽検証】の記事一覧 (1~10)

[更新順] [アクセス数順]

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界

次の10件 »


「助けるぞよ」の勅命が、この私一人に向けられている真実のお言葉であると受け容れたかどうか

『琴の糸』意外な結末に終わる のmashuさんのコメントより。********************「救われましたか?」「はい、救われました」というのに違和感を感じます。「お救いの中にいる」という言い方だと、それほど違和感はありませんが。…

41 visitors [全期間]
2017-08-20 07:55
Comment(0)


【考察】高森顕徹会長の話の進め方

毎回のテレビ座談会がそうかは知りませんが、この前のテレビ座談会では高森会長は1日合わせて1分無い位しか会員の前に姿を見せなかったそうです。法話が始まる最初と最後、別室で医師や講師部員と座している姿が5~10秒程度映るだけだそうで、この演出は…

167 visitors [全期間]
2017-08-17 06:34
Comment(0)


弥陀の本願は「念仏を称える者を浄土往生させる」という本願であって、「親鸞会の活動をする者を絶対の幸福にする」という本願ではありません

前回、高森会長が「自力」についてトンデモ発言をしたことについての追記です。高森会長は自力とは絶対の幸福が分からない心。その他は自力と言わない。と話したそうですが、阿弥陀仏の本願は私達を「絶対の幸福にする」という本願ではないので、これは高森教…

110 visitors [全期間]
2017-08-15 04:29
Comment(0)


絶対の幸福だとかいう幻想的な楽は獲られませんから「自力」=「絶対の幸福が分からない心」ではありませんし、「獲信・往生に関して努力することを捨てよ」ということなら寺は正しいです

今日はテレビ座談会だったそうで、映画『なぜ生きる』のシナリオブックを通して話があったそうです。今回は色々とツッコミどころがあるので、順番に述べていきます。まず、シナリオブックに書いてあるのか知れませんが阿弥陀仏は太陽、釈迦は月と言っていたよ…

106 visitors [全期間]
2017-08-13 23:16
Comment(0)


生き死にの問題は如来の問題であって、如来が解決される問題(『なもあみだぶのつぶやき部屋』3-12.明信仏智 より)

『なもあみだぶのつぶやき部屋』3-12.明信仏智を読んでいて「その通りだなぁ」と思ったことがあるので紹介します。全文は上リンク先を参照頂くとして、当ブログでは該当箇所を抜き出します。1.信前に間違った他力の信心のイメージを強く持っていると、…

141 visitors [全期間]
2017-08-11 05:49
Comment(0)


私達の姿ばかりを聞くのが聴聞でもなければ、このような私達の姿がハッキリ知らされたことが救いでもありません

先日の親鸞会追悼法要では、高森顕徹会長の片手に余るレパートリーの中、かねてから案内されていた通り『白骨の章』について話がありました。まぁいつも通りといえばいつも通り、相対の幸福の話や無常を取り詰める話が大半で、阿弥陀様に関しては「『絶対の幸…

129 visitors [全期間]
2017-08-08 22:23
Comment(0)


親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(6)

親鸞聖人が法然聖人から承けられた教えは、念仏の教え、南無阿弥陀仏以外にはありませんでした。そのことを聖人は「後序」にて、しかるに愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す。元久乙丑の歳、恩恕を蒙りて『選択』を書しき。同じき年の初夏中旬…

145 visitors [全期間]
2017-08-06 07:46
Comment(0)


せっかく目の前に届いていても、受け取る側が拒否していたら受け取ることはできません

もはや日本人の4人に1人は65歳以上という超高齢社会です。それでいて、この先はどうか知りませんが今の高齢者はそこそこ財力もありますから、テレビやラジオ、ネット等の通販のよいカモになっています。若い人達は在宅率が低く、中々連絡を入れてこない、…

148 visitors [全期間]
2017-08-02 22:40
Comment(0)


「私に間違いなく本願力が届いているかどうか、それを受け容れているかどうか」が大事

私は日常、荷物を渡す際にお客さんに伝票に押印やサインを求めます。中には印をどこに押せばいいかとか、印の向きとか、サインの場合は字のきれいさ等を気にする方あります。質問されれば「ここです」とか答えはしますが、別にどこに押してあろうが、逆を向い…

154 visitors [全期間]
2017-07-31 22:11
Comment(0)


親鸞会会員の誤解―方便だからやらなければならない(5)

法然聖人は『選択集』において様々に諸善と念仏を比較し、諸善を捨てて念仏一行に帰依して往生を願えとそればかり教えられています。尤も諸行による利益を否定されてはいませんが、末法の今の世においては如説に修行する者がなく、さとり得る者がいないため、…

171 visitors [全期間]
2017-07-29 06:23
Comment(0)


次の10件 »