親鸞会ブログポータル・ナビ

【21世紀の浄土真宗を考える会】の記事一覧 (1~10)

[更新順] [アクセス数順]

21世紀の浄土真宗を考える会

私、近藤智史(こんどうともふみ)が、21世紀の浄土真宗のありかたについて、活動をするための準備を紹介するブログです。

次の10件 »


浄土真宗を学ぶ

アマゾンにお薦め本のリストを作っておきました。http://goo.gl/fYqhF参考にして下さい。ニックネームを「あほうどり」にしたら、「不適切な言葉」としてはねられました。それで「アホウドリ」になっています。 …

1446 visitors [全期間]
2011-02-03 21:47
Comment(0)


七祖聖教の「当面読み」

 今日、所要で高岡教務所へ行きました。事務員さんに「『宗報』平成8年4月号ってありますか?」とお尋ねすると親切に探してきてくださいました。「コピーをとらせてもらっていいですか?」と言うと「2冊ありますから1冊あげますよ」と言ってくださった…

1046 visitors [全期間]
2011-01-22 22:33
Comment(0)


同一性について

梯實圓和上の「聖典による学び」の中で、ご本人も「ややこしい」とおっしゃっていることに同一性の説明があります。(http://goo.gl/TirKz)この「同一性」について理解を深めるために、山内得立氏の説明を紹介します。第二 ロゴスの展…

726 visitors [全期間]
2010-12-27 07:40
Comment(0)


金色の鹿の話(ジャータカ)

 昔、猟師が喧嘩をしていて、そのあげく、一方が他方に押されて川に落ちてしまい、いまにも死にそうになっていた。そこへ金色の鹿が通りかかり、身を挺してその溺れる人を救った。その後、森の中に金色の鹿がいることを知った王妃が、人々に探させたが、な…

992 visitors [全期間]
2010-12-14 06:03
Comment(0)


ウィトゲンシュタインのちょっと有名な言葉

(黒崎 宏『ウィトゲンシュタインと禅』哲学書房、1987年、17‐19ページ)より ウィトゲンシュタインに最も近かった弟子の一人マルカムは、その著『ウィトゲンシュタイン――ある回想』(原文51ページ)において、次のように言っています。 或…

944 visitors [全期間]
2010-12-09 19:04
Comment(0)


山田行雄勧学の論文 ②

山田行雄勧学の論文を、許可を得て掲載しておりますのでご覧下さい。(誤字などは写し間違いですので、もしお気づきになられましたらご連絡下さると幸いです)真宗教団における異端の思想 特に善知識帰命について(一) 伝道院紀要15号所収 昭和49年…

1001 visitors [全期間]
2010-10-31 07:03
Comment(0)


山田行雄勧学の論文

山田行雄勧学の2つの論文(伝道院紀要14号、19号より)が、サイト「本願力回向」に掲載されていますので、どうぞご覧ください。「真宗教義の研究」の中にあります。それと、SNSは登録していなくても、ブログ(トップページに表示)は見えますし、き…

884 visitors [全期間]
2010-10-18 07:18
Comment(0)


紅楳英顕師の論文掲載

紅楳英顕師の2つの論文(伝道院紀要19号、24号より)を、サイト「本願力回向」に掲載しておりますので、どうぞご覧ください。「真宗教義の研究」の中にあります。 …

1056 visitors [全期間]
2010-10-16 16:32
Comment(0)


勅命

帰命は本願招喚の勅命なり(親鸞聖人)はかりなき 命のほとけましまして われをたのめと よびたまふなり              (足利義山師) …

1061 visitors [全期間]
2010-10-05 19:12
Comment(2)


信の形態

『浄土三部経の研究』(藤田宏達著 岩波書店刊)480-482pp.より 上来、とにおける「信」の原語を取り上げてみたが、これによって、その特徴的な形態を明らかにすることができよう。まず五種の原語の中で(一)の「信」と(四)の「信順」の二種…

952 visitors [全期間]
2010-09-28 14:10
Comment(0)


次の10件 »