親鸞会ブログポータル・ナビ

【真偽検証】の記事一覧 (11~20)

[更新順] [アクセス数順]

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界

次の10件 »

« 前の10件


高森の教行信証(証編) - つつしんで高森の証を顕さば、表裏の義あり。その裏といふは、『「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽。夢・幻のような現世の幸せ。光明輝く生活』『アニメの親鸞聖人、韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験』なり。

「高森の教行信証」も後は「高森の証」を残すのみとなりました。今までを簡単に振り返りますと、「高森の教」・・・映画『なぜ生きる』(を代表とした高森顕徹会長の出版物)「高森の行」・・・助正間雑、雑行、悪業悪行(人集め金集め、高森への無条件服従)…

176 visitors [全期間]
2018-03-22 05:41
Comment(0)


高森の教行信証(信編・番外編) - 高森教(火星教金星教)の信心、念仏誹謗、念仏一行の否定、自己弁護と弁明、過去の体験の固執、手の平返しに満ちたカルト教祖

親鸞会側が法論で劣勢になると、最後に言うセリフが「お前は一念のはっきりした体験が有るのか!」(チュウビさんのコメント)というものです。「火星人」=「金星人」さんもハッキリしないのに一念一念とこだわるのは何故ですか?ハッキリするから一念一念と…

241 visitors [全期間]
2018-03-19 07:33
Comment(0)


高森会長の教行信証(信編・番外編) - 間違った教えを信じて従っていても本願に救われるなら、正しい教えは必要ない

「浄土真宗」の法義には「二種の回向」すなわち「往相回向」「還相回向」があります。その内、「往相」、つまり我々が浄土に生まれゆくすがたについて「真実の教行信証」があると教えられたのが親鸞聖人です。親鸞聖人はあらゆる宗教現象を真・仮・偽(真実、…

157 visitors [全期間]
2018-03-16 06:47
Comment(0)


「ただ念仏のみぞまことにておはします」とは絶対に話さない高森顕徹会長

『飛雲』真実あること無しの話をするしか能のない高森顕徹会長にあるように、東日本大震災発生より7年目となった先日日曜日は、富山で高森顕徹会長の話がありました。今回は、批判サイトを意識しているのか、映画『歎異抄をひらく』が現在製作進行中だからな…

215 visitors [全期間]
2018-03-13 05:08
Comment(0)


高森の教行信証(信編) - つつしんで高森の信を顕さば、表裏の義あり。その表といふは、二種深信なり。他力真実の信心なり。その裏といふは、すなはち「絶対の幸福」なり。「光明輝く生活」なり。裏の信にまた二種あり。

今回も、例にならって古文調で書いた文章を紹介したいと思います。「高森の信」も以前に示した「高森の行」と同様に、表向きの「高森の信」と裏の「高森の信」とが存在します。表向きの「高森の信」とは、「二種深信」「他力真実の信心」といった真宗用語を使…

144 visitors [全期間]
2018-03-11 00:55
Comment(0)


高森の教行信証(信編) - 詮ずる所、「高森の信」とは①創価学会の信心、一念覚知土蔵秘事地獄秘事信心、②「誰が何と言おうと高森先生に間違いない」という妄念妄信、善知識だのみ

高森会長は「十方衆生」=「唯除五逆誹謗正法」と強引に定義づけ、全人類は五逆・謗法・闡提であるとしています。これにしつこくこだわる理由は、「一切衆生必堕無間」を正当化するためと、「必堕無間の一大事から逃れたい」という聞く者の欲求を組織拡大のエ…

212 visitors [全期間]
2018-03-08 05:24
Comment(0)


高森の教行信証(信編) - 高森教の本願を聞いていても「信楽」も獲られなければ「浄土」に生まれることができないのは当たり前の当たり前

「信心正因」「唯信独達」と「信心」を強調する割に、肝心要のその「信心」が親鸞聖人の教える「真実の信」とあまりにかけ離れているのが「高森の信」です。「真実の信」と言えば「至心・信楽・欲生」の三心ですが、それについても「大安心大満足の明るく楽し…

256 visitors [全期間]
2018-03-05 06:48
Comment(0)


なむまむなむ

今日は嬉しいことがありました(^ω^)夕方のことでしたが、妻と上の子2人が家の外で遊んでいる中、私は自分の夕飯を食べつつ末っ子(1歳半)に夕飯をあげていました。末っ子は、よく買い物に行く車中で信号に引っかかった時なんかに私が念仏を称えている…

134 visitors [全期間]
2018-03-04 21:35
Comment(0)


高森の教行信証(信編) - 「難信」だから何十年と求めても信心を獲られないのだ、と救われないことを正当化し、法然聖人、親鸞聖人の教えと真逆なことを教えている高森顕徹会長

確かに真実信心を獲ることは難しいと教えられています。弥陀仏の本願念仏は、邪見・驕慢の悪衆生、信楽受持することはなはだもつて難し。難のなかの難これに過ぎたるはなし。(正信偈)しかるに常没の凡愚、流転の群生、無上妙果の成じがたきにあらず、真実の…

202 visitors [全期間]
2018-03-02 01:19
Comment(0)


「よき人の仰せ」=「ただ念仏して弥陀に助けられまいらすべし」とは絶対に話さない高森顕徹会長

『飛雲』親鸞聖人は法然上人の教えを聞いて救われた、と言いながら法然上人の教えを完全否定する高森顕徹会長に挙がっているように、日曜日は富山で高森顕徹会長の話がありました。映画『なぜ生きる』の中の蓮如上人のお言葉「『聞く一つで、大船に乗せる』と…

248 visitors [全期間]
2018-02-27 00:09
Comment(0)


次の10件 »

« 前の10件