親鸞会ブログポータル・ナビ

【真偽検証】の記事一覧 (11~20)

[更新順] [アクセス数順]

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界

次の10件 »

« 前の10件


「信心」と言っても「本願の名号をきく」ことの他にはない、南無阿弥陀仏の他にはない、「我にまかせよ、必ず救う」という大悲招喚の勅命をただ聞き受けるのみ

本願文は、成就文を介することでより一層明らかになります。成就文について親鸞聖人は、『無量寿経』(下)のなかに、あるいは「諸有衆生 聞其名号 信心歓喜 乃至一念 至心回向 願生彼国 即得往生 住不退転」と説きたまへり。「諸有衆生」といふは、十…

85 visitors [全期間]
2017-09-28 06:46
Comment(0)


批判に応じて話のスタイルを変えるも、本人が真宗に無知なために意味不明な説明で終わっている高森顕徹会長

日曜日の講師部講義では、またも片手に余るレパートリーの中、映画『なぜ生きる』の蓮如上人のお言葉「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです。」の「大船に乗せる」についてだったそうです。私は又聞きなのでどう…

140 visitors [全期間]
2017-09-26 22:30
Comment(0)


仏教の根幹だという「因果の道理」もまともに理解できていない高森顕徹会長と愉快な仲間達

親鸞会では、因果の道理は仏教の根幹、大宇宙の真理。因果の道理が分からなければ、仏教は何十年聞いても分からない。とか言う割に因果の道理に反することを言ったりやったりしています。その一つが一切衆生 必堕無間という邪義です。『こんなことが知りたい…

138 visitors [全期間]
2017-09-25 07:21
Comment(0)


親鸞会会員の誤解―活動しなければ救われない(1)

親鸞会会員の皆さんは高森顕徹会長から間違った教えを聞かされ、それを本当の親鸞聖人の教えだと誤解しています。当ブログではこれまで、・高森会長は51段目の位にいる・親鸞会でしか真実は説かれていない・方便だからやらなければならない・「聴」を重ね、…

124 visitors [全期間]
2017-09-23 06:19
Comment(0)


大丈夫です。絶対後生助かります。

南無阿弥陀仏。字にすればたった六字であり、それを口に称えるという至って易しい行なのに、どうしてただそれだけのことで浄土往生という証が得られると言われるのでしょうか。その答えが善導大師の一心にもつぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥に時節の久近を…

156 visitors [全期間]
2017-09-21 07:17
Comment(0)


念仏往生? 一念義? 多念義? いや、邪義です。

親鸞聖人は第十八願の教法を「念仏往生」と度々仰っています。浄土真宗のならひには、念仏往生と申すなり、まつたく一念往生・多念往生と申すことなし、これにてしらせたまふべし。(一念多念証文)この『一念多念証文』とは、一念とは一念義のこと、多念とは…

156 visitors [全期間]
2017-09-19 06:28
Comment(0)


親鸞会会員の誤解―「聴」を重ね、「聴」の先に「聞」がある(3)

親鸞会では一秒の何憶分の一よりももっと短い「一念」で救われるとか、人生の目的が現在に完成するだとか説いてはいますが、聞いても聞いても、求めても求めても「一念の救い」とやらに到達する兆しはありません。それは、全て阿弥陀仏のお力のみで往生成仏せ…

158 visitors [全期間]
2017-09-16 07:34
Comment(0)


「正雑の分別」ができていない者が、「一向一心」になることも、「信心決定のうへに仏恩報尽のために念仏申す」こともあるわけがない

日曜日の高森顕徹会長は相変わらず「絶対の幸福」「ガラリと変わる」を連呼し、真宗もどきの話をしていたようです。真宗の皮をかぶるためにお聖教の言葉を出しているのみで、浄土往生の正しい教えも行も教えられませんから、それをまともに聞いて正しい信心を…

144 visitors [全期間]
2017-09-12 22:54
Comment(0)


親鸞会会員の誤解―「聴」を重ね、「聴」の先に「聞」がある(2)

会員の皆さんは、何年何十年と「聴」き続けても一向に「聞」と聞くことができない現実と、弥陀仏の本願念仏は、邪見・驕慢の悪衆生、信楽受持することはなはだもつて難し。難のなかの難これに過ぎたるはなし。(正信偈)しかるに常没の凡愚、流転の群生、無上…

157 visitors [全期間]
2017-09-10 07:30
Comment(0)


2017年(平成29年)親鸞会報恩講の日程 及び ツッコミ『顕正新聞』9月1日号「論説」

最近の親鸞会の発行物は、月2回の『顕正新聞』に加えて、『親鸞会法話のある仏事のご案内パンフレット』だとか、レストランウェルカムの販売広告チラシ『ウェルカム通信』だとか、同朋の里にある食事処「サンキュー」の無添加洗剤の広告チラシ、アニメバス事…

213 visitors [全期間]
2017-09-08 06:42
Comment(0)


次の10件 »

« 前の10件