親鸞会ブログポータル・ナビ

【真偽検証】の記事一覧 (1~10)

[更新順] [アクセス数順]

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界

次の10件 »


「雑行」の意味も、三願で「十方衆生」の意味が違うことも当然知らない現役カルト信者

現役カルト信者は過去に繰り返されてきた数々の法論も知らず、とにかく書けばいいんだというつもりで当ブログに短文のコメントを連発しています。しかも私や他の皆さんが回答すると何事も無かったかのように次々に話題を変えては書きこんできます。こちらの主…

116 visitors [全期間]
2019-02-16 05:32
Comment(0)


文章の読解力も無く、高森顕徹会長の主張を歪曲する親鸞会の理想論者

29週連続上映を記録した偽装大ヒットアニメ映画「なぜ生きる」シリーズの第2弾として、現在制作が進められている映画『歎異抄をひらく』は、今年の5月に公開予定だそうです。劇場版アニメーション 歎異抄をひらく TANNISHOまた会員を総動員して…

167 visitors [全期間]
2019-02-15 04:11
Comment(0)


『教行証文類』や『御文章』で親鸞聖人や蓮如上人が何を示そうとしてその文を引かれたのか、その目的を理解しようともせずに揚げ足取りに走る親鸞会の理想論者

まず、理想論者の名無しさんから明確な返答が得られないので、当エントリーでも確認しておきます。「信一念の瞬間が必ずハッキリと自覚できる」と主張している高森顕徹会長の教えを信じているのですか? 信じていないのですか?これに明確な返答をお願いしま…

117 visitors [全期間]
2019-02-13 21:54
Comment(0)


「私は根拠が挙げられないとは申していません」と言っておきながら、聖教の根拠を一つも示さない親鸞会の理想論者

詭弁論者で理想論者の名無しさんが更にコメントしています。全文は長いのでリンク先を参照下さい。取り急ぎ、高森顕徹著『顕正』を引用して親鸞会教義と自身の正当性を主張していますので、「信一念の瞬間が必ずハッキリと自覚できる」と主張している高森顕徹…

191 visitors [全期間]
2019-02-12 12:14
Comment(0)


「雑行をすてて、とは雑行、雑修、自力の心を振り捨てた事!」だとか喚いて、高森顕徹会長の主張する親鸞会流『三願転入の教え』を完全否定していることに全く気づかない現役カルト信者

現役カルト信者は本当に話題提供に活躍してくれています。ここまで来ると、「もっと親鸞会教義の誤りを示せ」と促して下さる還相の菩薩様のようにも思えてきます(笑)それはさておき、彼はまたこんなことを言っています。~・~・~・~・~・~・~・~・~…

189 visitors [全期間]
2019-02-11 06:39
Comment(0)


【お知らせ】高森顕徹会長の講演延期 及び 「建仁辛の酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す」を解釈された存覚上人の言葉も知らない現役カルト信者

本日に予定されていた高森顕徹会長の講演がまたまた延期です。今回は親鸞会公式ホームページ【平成31年2月】親鸞会館 二千畳の行事日程に載っています。歳が歳ですし、よほど体調が思わしくないのでしょうか? しかし、予定を変更に変更するのも困りもの…

198 visitors [全期間]
2019-02-10 06:27
Comment(0)


浄土真宗の布教使たる者、親鸞聖人の教え、親鸞聖人のお言葉に忠実であれ

驚き、呆れられてしまったようですが、それはこちらのセリフです。・聖教に反する間違ったことを教えている・間違っていることに気づかない(または認めない)・聖教の御文をえり好みして、自説に合わない御文はことごとく無視・浄土真宗の僧侶が一生涯かけて…

527 visitors [全期間]
2019-02-08 07:22
Comment(0)


【検証】親鸞聖人の六字釈は、「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない」根拠と成り得るのか

本日は、昨日の「埼玉恵日会」のお話についての記事に関して書きます。阿部信幾先生が根拠として提示した親鸞聖人の六字釈が、本当に「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない」根拠と成り得るのか検証します。しかれば南無の言は帰命なり。帰の言は、[至なり…

305 visitors [全期間]
2019-02-07 06:57
Comment(0)


行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり

「念仏を称える」というと、どうも自力の念仏に捉えるように思う方があるようですが、真宗で言われる念仏は、「念仏している」という行いに功を認めるような自力の念仏でないのは当然のことです。つつしんで往相の回向を案ずるに、大行あり、大信あり。大行と…

185 visitors [全期間]
2019-02-06 07:11
Comment(0)


「救われた一念、信心獲得の瞬間は、必ず、ハッキリするものだ」「信一念の瞬間は、必ず、我々の上でハッキリと自覚できるものだ」という高森顕徹会長の主張を否定する親鸞会の理想論者

「埼玉恵日会」の話は今回はさておき、本分に戻ります。今日は、この記事で紹介している理想論者のコメントと、コメント欄の彼のコメントがツッコミどころ満載なのでそれについて述べていきます。まずは~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・…

195 visitors [全期間]
2019-02-05 06:57
Comment(0)


次の10件 »