親鸞会ブログポータル・ナビ

【静かな劇場】の記事一覧 (1~10)

[更新順] [アクセス数順]

静かな劇場

親鸞会弘宣部講師によるブログ

次の10件 »


死をなぜ恐れるか?

すでに他界してしまいましたが、身近な言葉で哲学すること を教えてくれた池田晶子さんという哲学者がありました。 その池田さんの書いた『暮らしの哲学』の中に、「“死”は 怖いものか?」という一文があったので、引用させていただき ます。 ・…

323 visitors [全期間]
2016-08-25 15:34
Comment(0)


死をなぜ恐れるか?

すでに他界してしまいましたが、身近な言葉で哲学する ことを教えてくれた池田晶子さんという哲学者がありま した。 その池田さんの書いた『暮らしの哲学』の中に、 「“死”は怖いものか?」という一文があったので、引用 させていただきます。 …

22 visitors [全期間]
2016-08-25 15:34
Comment(0)


コンビニ人間

『文芸春秋』9月号に芥川賞受賞作「コンビニ人間」が掲載されていたので読んでみました。  これはコンビニを舞台にした短編小説です。コンビニにはコンビニの掟(マニュアル)があり、その掟を受け入れ、従う者はその世界での生存を許されますが、従…

230 visitors [全期間]
2016-08-24 14:22
Comment(0)


コンビニ人間

『文芸春秋』9月号に芥川賞受賞作「コンビニ人間」が掲載されていたので読んでみました。  これはコンビニを舞台にした短編小説です。コンビニにはコンビニの掟(マニュアル)があり、その掟を受け入れ、従う者はその世界に組み込まれますが、従わな…

22 visitors [全期間]
2016-08-24 14:22
Comment(0)


健常者・障害者の差別なく、生命の尊厳は平等にある

 身心に障害があろうとも、変わらぬ生命の尊厳がある。 それが決して建て前ではなく、実地にそうだと思い知らされたのが、滋賀県の故・東岸まさのさんとの出会いであった。  東岸さんは、琵琶湖の東、滋賀県と三重県との境に近い、犬上郡多賀町佐目…

239 visitors [全期間]
2016-08-23 11:17
Comment(0)


健常者・障害者の差別なく、生命の尊厳は平等にある

 身心に障害があろうとも、変わらぬ生命の尊厳がある。 それが決して建て前ではなく、実地にそうだと思い知らされたのが、滋賀県の故・東岸まさのさんとの出会いであった。  東岸さんは、琵琶湖の東、滋賀県と三重県との境に近い、犬上郡多賀町佐目…

24 visitors [全期間]
2016-08-23 11:17
Comment(0)


解明すべきは犯人ではなく。(神奈川 障害者殺人事件)

 神奈川の障害者殺人事件に関しては、テレビの解説者など 「なぜこのような事件が起きたか、事件に至るまでの状況が  今後どこまで解明できるかがポイントです」だとか、 「事件の徹底した真相究明が求められます」だとか、  漠然とした…

266 visitors [全期間]
2016-08-10 11:20
Comment(0)


解明すべきは犯人ではなく。(神奈川 障害者殺人事件)

 神奈川の障害者殺人事件に関しては、テレビの解説者  など、 「なぜこのような事件が起きたか、事件に至るまでの状況  が今後どこまで解明できるかがポイントです」だとか、 「事件の徹底した真相究明が求められます」だとか、  漠然とし…

21 visitors [全期間]
2016-08-10 11:20
Comment(0)


「どう生きる」と廃悪修善

「どう生きるか」とは、いろんな生き方の選択肢の中で、どれを選ぶかということでもある。  人間に自由意志がある以上、人生は、絶え間なく私たちに「あれか、これか」の選択を迫る。  卑近なことでいえば、テレビを見る、見ない、もそうだし、昼食…

299 visitors [全期間]
2016-07-17 23:13
Comment(0)


「どう生きる」と廃悪修善

「どう生きるか」とは、いろんな生き方の選択肢の中で、どれを選ぶかということでもある。  人間に自由意志がある以上、人生は、絶え間なく私たちに「あれか、これか」の選択を迫る。  卑近なことでいえば、テレビを見る、見ない、もそうだし、昼食…

19 visitors [全期間]
2016-07-17 23:13
Comment(0)


次の10件 »